top of page

2023/8/8 横浜の探偵日記

この仕事を学ぶ為に最初に入った探偵社では、ご依頼者様とどんな現場でも必ず2名+車両と言う契約になっていました。


それで時間パック制なのですが、そうなると1名でも対応出来る簡単な調査でも、車を使わない徒歩だけの現場でも、ご依頼者様は無条件で不要な人数だったり不要な車両費を込みで支払わなければならなくなります。


まぁ、料金プラン的には分りやすいと言えば分りやすいのですが、私の中では公平性に欠ける気がしていました。実際徒歩だけの現場の時に車両が入っていても、1人は車両廻しと言う役割となって、徒歩で尾行している人間の指示で言われた場所に車を回送してるだけの状況も多々あります。


要は調査自体は徒歩尾の1人で間に合ってしまっている訳で、回してるだけの車両も必要ありませんし、車両が無ければそれを運転している人も要らない訳ですから、その無駄が省ければご依頼者様が支払うお金は少なくて済む言う考えです。


そんな考えから弊所では1人受けもしますし、車両を使う現場の時は車両費を頂き、使わない現場の時は頂かないと言う方式でやっています。


車両を使う現場と言うのは当然対象者が車で動く現場、それ以外にもタクシーをよく使う対象者や、女性の対象者なんかも男の車に拾われるケースも多いので、こちらも車両を出して置いた方が良い現場となります。


それ以外にも住宅地での長時間張り込みや、道幅が狭くて立ち張りが出来ない様な現場環境、調査遂行の為に色々な機材を使う場合など、車の尾行でなくても車で現場に入らないと調査にならない場合と言うのもありますので、対象者の状況や現場環境、調査内容等をお打合せの際に精査し、入れた方が良いか?入れなくてもいいか?の判断をしてご提案させて頂いています。

ご相談、お問合せはこちら

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page